ロードバイク初心者入門.net ロードバイク初心者入門.net

サイクリングとランニングの違い
減量に効果的なのはどっち?-自転車は足腰に優しい-

「自転車とランニングのどちらの方が痩せられるか」というようなタイトルの記事をよく見かけます。

美容や健康の意識が高い女子としては気になるところです。

サイクリングもランニングも運動強度や運動時間によって変わってくるので一概には比較できません。

継続することで効果が出るので、楽しく長く続けられる方をやるべきですね。両方やってもいいのですよ。

よくある「減量やシェイプアップに効果的なのはどちらか?」という記事

ダイエット特集の記事などで、食事制限とともに運動を取り入れることが勧められています。

男性向けの記事には筋トレが多いですが、女性向けには有酸素運動の紹介が多く、サイクリングとランニングを比較していることがよくあります。

しかし、実際にモニターとしてでてくる人はアスリートやスポーツ系のモデルです。実際にメタボチックな人がモデルとなって運動強度や具体的なやり方を指南しているものは少ないです。

そういう記事を見ると、そもそもダイエットをしようという人がランニングを長時間続けることが出来るのかな?と疑問に思ってしまいます。

いきなりランニングを長時間もすれば膝や腰を痛める可能性が非常に高いでしょう。やせるために運動を始めようとする人からすればデータの比較ばかりで現実的ではない内容が書いてあります。

サイクリングについても、どんな自転車を使ったのかどんな場所を走ったのかによってデータが異なってくるはずであるのにその辺りは触れていません。

ほとんどはトレッドミル(ランニングマシン)とエアロバイクから取ったデータだけで比較しています。

とはいえ自転車で走ったことがない人やランニングをしたことがない人はまずいないでしょう。

両方ともやる私としては、日常生活の延長でおこなう場合とスポーツレベルでやるのではぜんぜん違うと感じています。

つまり、日常生活の延長としてウォーキングやサイクリングをおこなうことと、スポーツレベルでランニングやロードバイクをおこなうことは別物だということです。

2どちらも日常生活で行なう運動

さきほど話したダイエット記事は、普段から運動をおこなっている方をモデルにして、トレッドミルやエアロバイクをおこなったデータを比較しています。

また、実際に自転車とランニングをスポーツとしてやっているという方が書いてるとは思えない内容が多いのです。

普段から通勤通学や日常の移動手段として自転車を使っている人は多く、同様に健康維持やフィットネスでウォーキングやランニングをする人も非常に多くいるでしょう。

どちらも通常の日常生活の中でおこなう運動であるため、感覚的にもイメージしやすいのではないでしょうか。

しかし、どちらも「やせる」という目的を持っておこなうことになると、走る場所や走るスピード、負荷があがってきます。

3スポーツレベルで行なった場合

では、ランニングとサイクリングをスポーツレベルでおこなった場合はどうでしょうか。

ランニング

ウォーキングの延長線上で軽いジョギングをおこなうことは、メタボチックな方がおこなってもガチなアスリートがおこなってもそれほど違いはありません。

歩く・走るという動作にそれほど違いはなく、速度による負荷は異なるにしても使う筋肉にそれほど違いはありません。

ただし、一定の速度域でランニングをする場合は自重の負荷がかかってくるため、メタボチックな方には足腰への負担はもちろん心肺機能へも相当な負担がかかります。

そのため、長時間ランニングをすることは、足腰の故障を招く原因ともなります。また、負荷の高いランニングは心肺機能への負担が高く心筋梗塞を起こし突然死に至るケースもあります。

ふだん運動をしていない人が急に走り出したり、頑張りすぎるのは要注意ですね。

そして始めるならウォーキングや軽いジョギングからですね。

サイクリング

他方、自転車の場合は、シティサイクル(ママチャリ)とロードバイクでは別物ともいえるほど使う筋肉に違いがあります。

乗車姿勢がそもそも異なっており、シティサイクルは脚だけでこぎますが、ロードバイクは上半身も使ってこぎます。そこを区別せずにランニングと比較してもあまり意味がありません。

シティサイクルやフィットネスジムにあるバイクは基本的に足の運動だけです。

ロードバイクは前傾姿勢になるため普段使わない首や背中、腕の筋肉もよく使うことになります。

また、バランスで乗る乗り物のためある程度のバランス感覚と慣れが必要になってきます。その点はランニングより敷居が高いわけです。

しかし、ペダル(足)、サドル(座)、ハンドル(手)と基本的に3点支持で自重からもたらされる足腰への負担が低いためサイクリングは継続して行えます。

ジョギングを20分おこなう場合と、サイクリングを20分おこなう場合をイメージして下さい。どちらがしんどいでしょうか?

もしくは、ランニングもしくはサイクリングを1時間やるとこになった場合どちらがやり遂げられそうですか?

自転車はランニングと比べると体重の負荷が低いため、メタボチックな人にも負担なくおこなえるところは特筆すべき点です。

たしかに、ママチャリとロードバイクでは使う筋肉がぜんぜん違うのは実感できます。

それから、ママチャリではのぼる気がおきなかった登り坂もロードバイクならスイスイのぼれてしまいました。

結果的に行動範囲が広がり、いろんなところに行けるので楽しくなりましたね。

スポーツレベルで自転車とランニングの両方をやっている人は非常に少ない

実際には、不思議とランニングをやっている人はスポーツサイクルが苦手で、スポーツサイクルをやっている人はランニングが苦手という人が圧倒的に多いです。そのため、両方ともスポーツとして程よくやっている人はあまり見かけません。

ランニングも自転車もスポーツとしてそこそこやっている人はトライアスロンをやっている人ぐらいです。

トライアスロンの選手であっても、ランが得意な人はバイクは苦手で、バイクが得意な人はランが苦手という方が多いです。

理由は、筋肉の付き方によるフィジカル上の適性から来る部分とや本人の好みによる部分(楽しめるか)が大きいです。

試しに両方やってみて楽しい方を続ければよいでしょう。ただし、ロードバイクはロードバイク代がかかっちゃうので、試乗車を利用したり、ロードバイクに乗っている人にのせてもらうとかするとよいでしょう。

競技選手を目指していないのであれば楽しい方をやればいいのですよ。

4継続性を重視する

「痩せる」という結果をだすことが目的であれば継続できる方を選んだ方がよいでしょう。どちらをするにしても、継続しないと結果は得られません。続けられてはじめて運動強度を上げていくという話にもなってきます。

また、楽しめないと続きません。「楽しい」→「続ける」→「体重が減る」→「嬉しい」→「続ける」→「さらに体重が下がる」、このサイクルがないと継続できません。

個人的にはサイクリングの方が飽きにくく楽しめるのでおすすめです。

ランニングは基本的に毎回同じところを走ることになりマンネリになり飽きやすいです。しかし、サイクリングは行動範囲が広がるため走るコースを複数選択できて飽きにくいです。私自身が飽きっぽいのでこの点はすごく実感しています。

またサイクリングは行動範囲が広がるため、ランニングではみることができない景色を楽しめます。知らない土地や目標物を決めて走ることができるようになりより楽しみ方が増えます。

ただし、サイクリングの場合はコスト面での出費が大きい点が人によってはネックとなります。ランニングはウェアとシューズだけで始められますが、サイクリングの場合はスポーツバイクを購入するコストが必要になります。

そうですよねぇ。楽しく続けられる方をやるのがいちばんです。

わたしの個人的な感想をいっておくと、サイクリングはランニングより速度が出るため、風を切って走る爽快感がよりよいですね。

また、自転車は体重の負担が少なく膝や腰を故障しにくいところがよいです。

他の人気コラム

自転車業界でいう「プロショップ」とは?
-プロショップという表記をあてにしない-

スポーツバイクに興味を持ってアンテナをはっていると「プロショップ」という言葉をよく見たり聞いたりするようになります。何か違和感を感じませんでしたか?

このコラムを読む
自転車は維持費がかからないは嘘?
-食べるのも維持費?!ロードバイクとスポーツ栄養学-

ママチャリは初期投資であるイニシャルコストが低く、かつ維持費もほとんどかからないことから、通勤や通学に利用される理由のひとつになっています。スポーツとして楽しむロードバイクの場合は維持費はどうなのでしょうか?

このコラムを読む