ロードバイク初心者入門.net ロードバイク初心者入門.net

初心者におすすめ!GIANT(ジャイアント)のロードバイク
世界最大シェアと技術を誇るロードバイク界の巨人

GIANT(ジャイアント)はもともとフレームの下請け会社でオリジナルの自転車は作っていなかったんだよ。

いまでは自転車業界を牽引する一大メーカーです。

女性用の「Liv」でも名称は変わりますが同じラインナップになっています。

あとで「liv」のサイトをのぞいてみます。

1初心者におすすめのモデル

最近のはやりはエアロタイプのフレームですが、初心者は無理してエアロタイプを選ぶ必要ないと考えています。

理由は、エアロダイナミクスが生かせるのが時速30km辺りだからです。ストップ・アンド・ゴーが多い初心者には、軽くて反応がよい方が向いています。

DEFYシリーズはすべてディスクブレーキ仕様のためホイールの着脱やメンテナンスが初心者には少しハードルが高いと考えています。

そのため、GIANT(ジャイアント)ではTCRシリーズがおすすめです。

TCR ADVABCED 1 KOM カーボン+アルテグラ ¥245,000(税別)

tcr_advanced_1_kom_giant

ヒルクライム向けの軽量仕様で、リアのスプロケットも11-34Tのワイドレンジギアを標準で装備しています。

「フロント34T×リア34T」の非常に軽い「ギア比:1」が実現し、ヒルクライムがメインでなくても、脚力のない初心者にはありがたいギア構成となります。

このギア比なら坂が嫌いという初心者の方でも脚力を気にせずどんどん進んで行けます。山岳や海岸線など起伏の大きい場所でのロングライドを考えている方にもおすすめです。

TCR ADVANCED 2 カーボン+105 ¥200,000(税別)

tcr_advanced2_giant

上のモデルのコンポーネントを105にしたモデルです。リアのスプロケットは11-30Tになります。

アルテグラと105の差額は¥45,000(税抜)です。私の場合、この差額なら迷わず「TCR ADVABCED 1 KOM」です。

ここでの金額差と性能差の違いは走れば走るほど感じることができる部分です。

CONTEND SL 1 アルミ+105 ¥150,000(税抜)

contend_sl1

学生さんなどあまり予算がない方はこの「CONTEND SL 1」がおすすめです。

税込み価格16.2万円で、シマノ105、重量9.2kg(480mm)とコストパフォーマンスがよいです。

2GIANT(ジャイアント)のラインナップ

ラインナップはエントリーモデルからミドルモデルを中心にトップモデルまで幅広いユーザー層に対応できる品揃えです。

GIANT(ジャイアント)のラインナップ
  • エアロレースの「PROPEL」
  • オールラウンドの「TCR」
  • エンデュランスの「DEFY」
  • エントリーの「CONTEND(アルミ)」

エアロレースのPROPEL

propel_advanced_sl2_giant

空気抵抗の少ないエアロ形状のフレームを採用し平地での高速巡航性能を重視したプロペルシリーズこちらは全てのモデルがカーボンフレームです。

価格は、ULTEGRAコンポを搭載した「PROPEL ADVANCED 1」が¥260,000(税抜)、105コンポを搭載した「PROPEL ADVANCED 2」が¥220,000(税抜)となっています。

オールラウンドのTCR

tcr_advanced_pro_team_giant

先ほど紹介した平坦路からアップダウンまでオールラウンドに対応できるモデルが TCR シリーズです。

鋭い加速や軽快なハンドリングなどレースで求められる特性を備えたシリーズです。

エンデュランスのDEFY

defy_advanced_pro_0_giant

快適性を重視したフレームジオメトリーによりロングライドやヒルクライムツーリングなどの用途に適しているのは DEFY シリーズです。

こちらはトップチューブが短めに設計されているためアップライトなポジションでビギナーにも乗りやすいモデルとなっています 。

DEFYシリーズはすべてディスクブレーキ採用となっています。初心者にとっては制動力のあるディスクブレーキのメリットはおおきいですが、ホイールの着脱やメンテナンスなどを考慮するとデメリットになることもあります。また、ホイール交換の選択肢が少なくなります。

【注意】TCR と DEFY の上位モデルはカーボンフレーム、エントリーモデルはアルミフレームが採用されています。

エントリーの「CONTEND(アルミ)」

contend_sl1

ディスクブレーキの105仕様で170,000円(税抜)、リムブレーキの105仕様で150,000円(税抜)という最強のコストパフォーマンスをほこります。

3GIANT(ジャイアント)の特徴

子供用からレースバイクまで手がける最大の総合自転車メーカーです。

日本ではクロスバイクの「ESCAPE R3」がベストセラーで、持っている方もいるのではないでしょうか。

9つの自社工場で自転車を生産し、その数は年間650万台以上で世界最大級の規模を誇ります。

名前と同じくあらゆる面で「巨人」と化した世界の自転車業界を牽引するメーカーです。

4GIANT(ジャイアント)の歴史

かつては欧米ブランドの下請けとしてフレームを製造していましたが、現在はシェアだけでなく技術面でも最先端のメーカーです。

1972年に台湾の台中で設立され、当初はOEM生産のみでした。

1981年に自社ブランドであるGIANTを立ち上げます。

1986年にヨーロッパ拠点としてオランダに進出します。

1987年にはアメリカ、1989年には日本法人設立と世界中に進出していきました。

その後はレースにも積極的に参加しトップライダーと契約することで、知名度、実績をあげていき、トップブランドとして確固たる地位を築いていくことになりました。

5GIANT(ジャイアント)の技術

ジャイアントはコストパフォーマンスが高いとよくいわれます。

その理由は、自社でアルミやカーボンの母材加工ができることにあります。

具体的には、「ティグ溶接によるアルミフレーム」や「カーボンの糸から作ることができるカーボンフレーム」の製造技術は、業界トップクラスの技術力です。

このように自転車の要となるフレーム製造技術は世界トップレベルであるところに、さらに高度に管理された生産ラインによってコストダウンも同時に図られています。

すなわち、「技術面」と「コスト面」の両方でトップレベルのメーカーなのです。

また、トップチューブを傾かせたスローピングフレームはジャイアントが独自開発した技術で他に先駆けて投入してきました。

近年は、ホイール、タイヤ、ハンドル、サドルなどのパーツをオリジナルで製造することで一層の機能性アップとコストダウンを実現し圧倒的な組織力をほこっています。

駆動系のコンポーネントを除けば、すべて自社製造で完成車ができてしまうまでになっています。

6日本での展開

日本国内には、直営店も含め全国で30店舗以上展開しているジャイアントストアがあります。

女性専用ブランドLIVもジャイアントストアで取り扱っており、女性スタッフが対応してくれるので女性でも気軽にストアに入りやすいです。

購入のしやすさ・購入後のメンテナンスといったトータル的なサポート体制でも安心です。

GIANT(ジャイアント)の公式サイトはこちらです。

ほんとうに他のメーカーに比べるとお買い得感が高いですね。

こちらは女性ブランド「Liv」のサイトのリンクです。

Liv

Livシリーズの対応表

  • PROPEL → ENVIE(エアロレース)
  • TCR → LANGMA(オールラウンド)
  • DEFY → AVAL(エンデュランス)

他のおすすめメーカー

ANCHOR(アンカー)のロードバイク
日本メーカーの堅実な作りとあなただけの1台を作るオーダーシステム

アンカーは初めて聞くかもしれませんが、ブリヂストンなら聞いたことがあるでしょう。

タイヤメーカーですよね?

実は昔ブリヂストンのママチャリに乗ってました。

この記事を読む
BIANCHI(ビアンキ)のロードバイク
ブランドカラー「チェレステ」をまとったイタリアの老舗メーカー

淡い緑色のチェレステカラーが女性に人気のBIANCHI(ビアンキ)です。

意外と知らない人が多いのですが、BIANCHI(ビアンキ)はイタリアの老舗ブランドなんですよ。

直営店のビアンキストアがあったり、エントリーからミドルグレードのラインナップが多いところが初心者におすすめ理由です。

この記事を読む
Chain Reaction Cycles