ロードバイク初心者入門.net ロードバイク初心者入門.net

初心者におすすめ!ANCHOR(アンカー)のロードバイク
日本メーカーの堅実な作りとあなただけの1台を作るオーダーシステム

アンカーは初めて聞くかもしれませんが、ブリヂストンなら聞いたことがあるでしょう。

タイヤメーカーですよね?

実は昔ブリヂストンのママチャリに乗ってました。

そのブリヂストンが作っているスポーツバイクブランドが「ANCHOR」です。

日本のメーカーなので日本人に合わせた設計やもの作りが特徴です。

特に女性専用モデルや身長150cm以下の方でも乗れる小さいサイズがあります。

1初心者におすすめのモデル

さきに予算別におすすめのモデルを2つ紹介します。

RS8 EQUIPE ¥255,000(税別)

http://www.anchor-bikes.com/bikes/rs8eq.html

「カーボンフレーム+105」でおすすめです。

ロングライド向けの「RL8」シリーズもありますが、あえて初心者の方にはレースモデルの方を進めています。

理由は、最初からロングライドをする方はいません(できません)。むしろロードバイクの軽快さやペダルをふんで加速するダイレクトな感覚を最初に感じて欲しいからです。

また、初心者はアルミで十分という方もおられます。しかし、ロードバイクの軽快さを実感して頂けるのはカーボンの方が上です。

もう少し予算があるなら、アルテグラの「RS8 ELITE ¥335,000-」にするか、or、ホイールのアップグレードを選択するか、になります。

RS6 EQUIPE ¥185,000(税別)

http://www.anchor-bikes.com/bikes/rs8eq.html

ロードバイクの予算を20万円におさえたいという方や、あらかじめホイールのアップグレードを考えている方は「アルミフレーム+105」のこちらのモデルがおすすめです。

2ラインナップ

完成車

ラインナップは、フレーム素材と適性によって分けられています。

ANCHOR(アンカー)のモデル・グレードの見方

下の表は、モデル名が表すフレーム素材と適性を分類したものです。

モデル名
  レース向け ロングライド向け
カーボン RS9、RS8 RL9、RL8
アルミ RS6 RL6、RL3
クロモリ   RNC7、RNC3

本格的にロードバイクを始めたいという初心者の方には、R8もしくはR6をおすすめします。違いはフレームの素材がカーボンかアルミかという点です。

カーボンフレームの R9,R8シリーズ、アルミフレームの R6,R3 シリーズ、クロモリフレームの RNC シリーズです。

以前はRMZというフレームの剛性とジオメトリーをオーダーできるレーシングフレームがあったのですが現在はなくなっています。

モデルの型番には、レース向けは「S」とロングライド向けは「L」が間に入っています。

初心者には乗り心地がソフトなロングライド向けの「L」を進める方もおられますが、乗り慣れて身体ができてくればクイックな反応でロスの少ない「S」の方が乗りやすくなります。そのため私は「S」をおすすめします。

グレード名
グレード名 コンポグレード
なし DURA-ACE(デュラエース)
ELITE ULTEGRA(アルテグラ)
EQUIPE 105(イチマルゴ)
SPORTS TIAGRA(ティアグラ)
EX SORA(ソラ)

こちらの表はグレード名に対応するシマノコンポーネントのグレードです。完成車オーダーなら105(イチマルゴ)以上を狙いたいところです。

フレームセット

ANCHOR(アンカー)は完成車のラインナップと同じフレームを単体で販売しています。

基本的にオーダーになりますが価格もリーズナブルなので、自分でロードバイクを組み立てようという方にはアンカーのフレームセットは選択肢になります。

ANCHOR(アンカー)のフレームセット
レース向け モデル 価格
カーボン RS9 ¥350,000(税別)
RS8 ¥180,000(税別)
アルミ RS6 ¥95,000(税別)
ロングライド向け モデル 価格
カーボン RL9 ¥220,000(税別)
RL8 ¥180,000(税別)
アルミ RL8 ¥90,000(税別)
クロモリ RNC7 ¥160,000(税別)
RNC3 ¥95,000(税別)

3アンカーの特徴

国内最大の自転車メーカーであるブリヂストンサイクルが展開するレーシングバイクブランドがANCHOR(アンカー) です。

ブリジストン(BRIDGESTONE)は自転車メーカーというよりは世界最大のタイヤメーカーとして世界的に認知されています。

ANCHORはその世界的なタイヤメーカーのスポーツ自転車ブランドということで日本では知名度は高いですが、海外ではほとんど知られていないのが事実です。

4アンカーの歴史

簡単な略歴は以下の通りで、ANCHORと名称を掲げて本格的にスポーツサイクルに取り組みだしたのは1998年です。

ブリジストンの名車ロードマンが1999年で販売を終了しているのでブリジストンサイクルとしてのスポーツサイクルへの取り組みへの決意の表れとも感じられます。

  • 1949年 ブリヂストンタイヤよりブリジストン自転車を分離独立
  • 1976年 現ブリヂストンサイクルに改名
  • 1998年 スポーツブランドANCHOR(アンカー)を発表

5おすすめ理由

かずあるロードバイクメーカーのなかからANCHORをおすすめする理由について説明します。

レースからフィードバック

ツール・ド・フランスなどのグランツールとよばれるの世界のトップレースにはロードバイクを提供をしていません。

しかし、2008年よりワークスチームを運営しており、国内のロードレースに参加し、ノウハウを自社商品フィードバックさせています。

2018年からはアンカーの名前がなくなり「ブリヂストン サイクリング」にチーム名が変更になっています。

日本人向けのフレーム設計、サイジング

日本の自転車メーカーであり日本のマーケットを対象としてきたため、日本人の体型に合ったフレームジオメトリーと豊富なサイズ展開が売りです。

女性専用設計モデル&スモールサイズ

女性専用設計モデル

女性の体格に合わせた女性専用設計のフレームを採用しています。

ロードバイクに乗りたくてもサイズがなくて始められないと悩んでいる小柄な女性用でもANCHORなら見つかります。

また身体に触れる部分にも配慮し、サドルなどのパーツも女性専用パーツが採用されています。

フレームサイズは390からラインナップされており、適応身長145cm~のラインナップとなっています。

スモールサイズ

メンスモデルにおいても一部のモデルに390のサイズが設定されています。

145cmというと男の子の11歳の平均身長なので、小学5年生ぐらいからロードバイクに乗せることが可能です。

本格的なロードバイクに乗って親子サイクリングが実現可能です。

オーダーシステム

フレームの素材からコンポーネントや組み立てパーツまで豊富な選択肢があることが売りです。

組み立てパーツに関しては複数の選択肢が用意されており、乗り方や予算に応じて選択できるようになっています。

その一部を確認しておきましょう。

フレーム

フレームサイズはカーボン・アルミは30mmごとにサイズ展開し、女性用モデルや一部の男性用モデルには390mmの小さなサイズからラインナップしています。

クロモリフレームのネオコット(RNCシリーズ)に関しては需要の多い510mm~550mmに関しては10mm刻みでサイズを指定できます。それ以外のサイズは20mm刻みです。

ハンドル

ハンドル幅は芯幅380mm~420mmの間で20mm刻みでラインナップしています。3サイズから選べるようになっています。

ホイール

ホイールはモデルによって異なるホイール3種類から選べるようになっています。

コンポーネント

ノーマルクランクorコンパクトクランク(モデルによってはシクロクロスクランク)や、スプロケットも3種類から選択できるようになっています。

カラーオーダー

4つのカラースタイルがありモデルによって選べるカラースタイルが異なります。

モデルやカラースタイルにより異なりますが、30種類以上のカラーと3種類の表面仕上げから選ぶことができます。

また、「COLOR LAB」 ではフレームだけでなく車体全体のカラーリングシミュレーションができます。

390mmのサイズは私にちょうどのサイズです。

ANCHORは日本のメーカーなので日本人向けで安心ですね。

カラーが豊富なのも良いですね。

他のおすすめメーカー

BIANCHI(ビアンキ)のロードバイク
ブランドカラー「チェレステ」をまとったイタリアの老舗メーカー

淡い緑色のチェレステカラーが女性に人気のBIANCHI(ビアンキ)です。

意外と知らない人が多いのですが、BIANCHI(ビアンキ)はイタリアの老舗ブランドなんですよ。

直営店のビアンキストアがあったり、エントリーからミドルグレードのラインナップが多いところが初心者におすすめ理由です。

この記事を読む
GIANT(ジャイアント)のロードバイク
世界最大シェアと技術を誇るロードバイク界の巨人

GIANT(ジャイアント)はもともとフレームの下請け会社でオリジナルの自転車は作っていなかったんだよ。

いまでは自転車業界を牽引する一大メーカーです。

女性用の「Liv」でも名称は変わりますが同じラインナップになっています。

この記事を読む
Chain Reaction Cycles